療育方針と発達を促すあそび

療育方針

「つくし園」では、「基本的な生活習慣を身につける」「しっかりあそぶ」「おかあさんとの関係をしっかり築く」を「三本の柱」として位置づけ、大切にしております。

  • 基本的な生活習慣を身に着ける
  • 睡眠・排泄・衣服の着脱・食事・清潔などの習慣を意識づけ、心身共に健康なからだづくりや安全快適な生活を通して表情豊かに過ごせることをねらいとしています。

    • しっかりあそぶ
    • 身体機能を促すあそび、運動感覚機能を促すあそび、認知・操作を促すあそび、社会性を促すあそびなど、発達段階に応じたあそびを存分に楽しみます。
      (詳しくはこちら)
      自分の好きなあそびを見つけて情緒安定を得、生活への広がり(経験拡大)、発達の基礎づくりを行います。

      • おかあさんとの関係をしっかり築く
      • おかあさんと過ごすうちにおかあさんが大好きになり、おかあさんの大切さを知ります。おかあさんを基地として少しずつ飛び出していきます。自発的な活動は自信につながり、やりとりへと発展します。おかあさんとの関係は対人関係の基礎であり、安定構築が大切です。

母子クラス ・・・母子通園、母子保育のクラスです。
  • お子さんのことを理解し、お子さんに応じた子育てを考えます
  • おかあさんといっしょに楽しく遊び、お子さんの情緒を安定させ、意欲を高めます
  • 人との関係をスムーズにもてるための基礎であるおかあさんとの関係を築きます
  •    
  • 生活リズムを見直し、基本的生活習慣を整えていきます
  • しっかりからだを動かして遊び、丈夫なからだをつくります
  • ひとりひとりに目標を設定し、家庭と協力して取り組んでいきます
単独クラス ・・・園児単独通園のクラスです。
  • 色々な経験やあそびを通してお子さんの意欲を高めます
  • 日々の繰り返しと積み重ねによって基本的生活習慣を身につけていきます
  • 友だちや先生とのかかわりを深め、対人関係を広げます
  •     
  • 生活リズムを見直し、基本的生活習慣を整えていきます
  • しっかりからだを動かして遊び、丈夫なからだをつくります
  • ひとりひとりに目標を設定し、家庭と協力して取り組んでいきます

しっかりあそぶ

身体機能を促すあそび、運動感覚機能を促すあそび、認知・操作を促すあそび、社会性を促すあそびなど、あそびには発達を促すさまざまな要素があります。発達段階に応じた目的を設定し、あそびを存分に楽しみます。

領域 目的 内容
運動 運動機能・感覚機能の発達を促す
粗大運動
協応性・柔軟性・持久力を養う
情緒を豊かにする
大型遊具(トランポリン・マット・ぶらんこ・吊遊具)
巧技台(一本橋・はしご・すべり台)
乗り物(三輪車・自転車・ビニールカー・スケーター)
感覚刺激(肩車・スキンシップ・水あそび・プール)
園外保育(散歩・かけっこ・公園)
認知
操作
手先
空間・形・色・区別・構成・関係づけなど認知面の発達を促す
道具を操作する
手先の巧緻性を養う
協応性を養う
絵画制作(クレパス・絵の具・鉛筆)
粘土(油・紙・小麦粉)
紙吹雪・風船・ボールプール・積み木・楽器
ソフトブロック・おもちゃ・はめ板
対人関係
模倣意欲
社会性
友達と遊ぶ、集団活動
話をする
まねをする
役割をもつ
ルールを知り、守る
ごっこあそび(ままごと・おにごっこ)
あいさつ・手あそび・歌
やりとり・じゃんけん・ゲーム